1月の花。ロウバイ。可憐でつややかな黄色の花

  • 2020.01.26
1月の花。ロウバイ。可憐でつややかな黄色の花

ロウバイが咲き始めました。葉が出る前の枝にポツポツと黄色いつぼみがつき、やがて小さな花がうつむきがちに開きます。1月に見られる数少ない花の一つです。

季語としての「蝋梅」の季節は晩冬(1月初めの小寒~2月初めの立春の前日まで)。 花が咲く旧暦12月に臘月の異称があること、蝋細工のようなツヤがあることが名前の由来です。

咲く時期、咲き姿から梅の一種に思えますが、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属。梅とは遠縁なのだそうです。むきたての黄桃のようにつややかな花は、厳冬期の風景に柔らかな光を灯してくれます。

カテゴリの最新記事