10月の花。天上の白い花。シロバナマンジュシャゲ

  • 2019.10.02
10月の花。天上の白い花。シロバナマンジュシャゲ

赤がお決まりのヒガンバナに、白い花が増えてきました。シロバナマンジュシャゲという名です。

ヒガンバナとショウキズイセンの自然交雑種らしく、ヒガンバナよりも花びらの反りが緩いなど、微妙な違いがあります。

マンジュシャゲとヒガンバナは同じ花で「曼殊沙華」は仏教由来の名です。「白くやわらかな花」のことで、本来の外観はヒガンバナとは別物だとか。

また曼殊沙華には「天上の花」の意味もあります。白というよりはクリームっぽくてフンワリしたこの花は「白くやわらか」な「天上の花」のイメージがピッタリです。

カテゴリの最新記事