6月の花。ハンゲショウ。白粉顔の葉を持つ小さな花

  • 2021.06.20
6月の花。ハンゲショウ。白粉顔の葉を持つ小さな花

散歩道の植え込みに白い葉っぱが見えました。白ペンキをこぼされた葉(我が家にあります)に見えましたが、よく見ると自然に白くなっている葉のようです。調べたらハンゲショウとわかりました。

半夏生は「太陽の黄経が100°になる日」のこと。毎年7月2日ごろで、そのころに花が咲くのです。ドクダミ科の草花で、花は小さなツブツブが集まった細い房のところ。白い葉は花弁の役割を果たしているのだとか。

オシロイだけを塗ったように見えるから半化粧とも書かれます。片白草(カタシログサ)ともいわれます。

カテゴリの最新記事