6月の花。ヒルザキツキミソウ。可憐でタフな淡いピンクの花

  • 2019.06.04
6月の花。ヒルザキツキミソウ。可憐でタフな淡いピンクの花

名前は知っているけど見たことがない。月見草はそんな花かもしれません。何しろ夕方に咲いて翌朝にはしぼむのですから、夜型人間以外はお目にかかるチャンスがないのです。

そんな昼型人間でも観ることができるのがヒルザキツキミソウ。名のごとく昼間に咲きます。ツキミソウと同じアカバナ科マツヨイグサ属。咲き始めは白く、やがて淡いピンクに色変わりするのも同じです。

花の形と模様が独特で、真ん中に白い十字架のように見えるのはオシベの先端。

可憐な姿ですが、丈夫で自生するケースも多い、意外にタフな花です。

カテゴリの最新記事