スイセン。 ナルシストな完璧の美。

  • 2019.03.22
スイセン。 ナルシストな完璧の美。

スイセン(水仙)は3月くらいから咲き始めます。黄色い花、白い花、小ぶりな花など品種は多彩です。

学名Narcissusの語源はギリシャ神話の美少年ナルキッソス。精霊の求愛を拒んだことで呪いにかかり、自分に恋してしまいます。報われない恋に焦がれたナルキッソスは憔悴し、その亡骸がスイセンになった、というのです。

この物語がナルシズムの語源にもなったように、スイセンの美しさは完璧です。

6枚の花びらの中にあるのは、筒状の副花冠に守られた6本のオシベと1本のメシベ。均整のとれた形と鮮やかな色と、凛とした咲き姿は比類ないものとも思えます。

じつはこの花は田園地帯にあった100年以上の歴史があるボクの母校の校章でした。日本語の水仙は「水辺に棲む仙人」のこと。若者にかけた先人の思いが、今にして伝わりました。

カテゴリの最新記事