9月の花。オシロイバナ。小さな花の意外な素顔

  • 2019.09.20
9月の花。オシロイバナ。小さな花の意外な素顔

オシロイバナは3センチほどの小さな花。調べると意外な素顔が見えてきました。

この花には花びらがなく、花びらに見えるのはガク。その下に伸びる花筒がとても長いので、中の蜜を吸うには長い口吻(口先の突き出し)が必要。夜に咲くので、蜜を吸えるのは大型で夜行性のチョウやガとなります。日本ではスズメガがオシロイバナの吸蜜の主役だとか。

花が落ちた後には黒い種が残ります。表皮をはぎ、内側の殻を割ると白い胚乳(発芽の栄養分)が出てきます。これが「オシロイ」の名の由来。

種子には毒があるそうなのでご用心を

カテゴリの最新記事