5月の花。ラークスパー(ヒエンソウ)。燕が花の中にいる!

  • 2019.05.25
5月の花。ラークスパー(ヒエンソウ)。燕が花の中にいる!

まっすぐ伸びた茎に連なって咲く青紫の花。真ん中の白い部分は尾羽が2つに分かれた燕のお尻みたいです。

じつはこれ、南欧生まれのラークスパー(larkspur)でした。ラークはヒバリ、スパーは拍車や蹴爪。花の根本に蹴爪のような部分が名の由来とか。

和名はヒエンソウ(飛燕草)。燕が好きな日本人にはこのほうがしっくりきますね。チドリソウ(千鳥草)という別名もあります。

また花が似ているデルフィニウム(delphinium)ともいわれるそうです。つぼみがイルカに似ている(ギリシア語でdelphis)のが語源。

花の名前を探し当てられず、知人に助けてもらってやっとわかりました。珍しい花なのかもしれません

カテゴリの最新記事