2月の花。コブシ。コートをまとって春を待つツボミ

  • 2020.02.11
2月の花。コブシ。コートをまとって春を待つツボミ

2月に入ると、あちこちの樹上にツボミが膨らみ始めます。ヤマモモやサクラのツボミは固い鎧のような姿です。寒さから身を守り、開花の日を待つためでしょう。

コブシのツボミはちょっと違います。白い綿毛で包まれているのです。厚手のコートを着込んだような柔らかい姿で、『暖かくなったら、いつでも咲くよ』と主張しているみたいです。

まだ林は玄冬の黒い色に支配されています。その中に、少しずつ浮き出てくる白いコブシのツボミたち。真っ白な花が開くまで、あと少しです。

カテゴリの最新記事