12月の花。イチョウ。住宅街のサンクチュアリー

  • 2019.12.13
12月の花。イチョウ。住宅街のサンクチュアリー

家と家の間の小さな空き地が明るい黄色に輝いていました。枝に残ったものと散り敷かれたもの。色づいたイチョウの葉が天と地を埋め尽くしていたのです。まさにイチョウのサンクチュアリー。限られたわずかな時間だけしか見られない、小さな自然の聖域です。

イチョウは成長が早く、生命力が強い樹木。枝をバサバサ切られてもへこたれないので都市部で重宝されています。日本の街路樹の1割ほどがイチョウで東京、大阪、神奈川の都府県の樹にも指定されています。

晩秋の街に黄色い灯かりをともしてくれる、花のような風景でした。

カテゴリの最新記事