北海道の花。薄桃色の花団子になったキタノコギリソウ

  • 2019.08.13
北海道の花。薄桃色の花団子になったキタノコギリソウ

オホーツク海に面した「小清水原生花園」。そこで見かけたのがキタノコギリソウです。

「ノコギリ」なのは葉っぱの形。この写真では左側に少しだけ見えていますが、葉っぱがギザギザなノコギリ形状なのです。

それに対して花のほうは丸みを帯びています。花びらの先が3つに分かれているのがキタノコギリソウの特徴。

一つの花には、その花びらがたくさんついています。そしてその花がひしめくように団子状になっていた様子が可憐でした。

短い北海道の夏。陽光の恵みを受け取るために、競いあっているかのようでした。

カテゴリの最新記事